スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Android エミュレータのPROXY設定をコマンドオプションで指定する


Androidエミュレータでネット接続する際にPROXY設定が必要な場合、sqlite3で設定するのが主流だと思われますが、Androidエミュレータを起動する際のコマンドパラメータでも指定することが可能なことがわかったのでメモ。

emulator.exe -http-proxy サーバー名:ポート番号

AndroidエミュレータのProxy設定を頻繁に変更したい場合などに有効かと思います。

また、プロキシー接続用のemulator.exe のショートカットを作成しておくと便利。

Eclipse から起動する場合には、Eclipseの「実行」→「実行構成」または「デバッグの構成」から「実行構成画面」または「デバッグ構成」画面を表示し「Target」タブの一番下にある「Additional Emulator Command Line Options」に「-http-proxy サーバー名:ポート番号」を指定すればOK。
コメント
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック