スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一部で人気の「SmartQ 5 MID」がAndroidを搭載して国内販売決定

話題のAndroid搭載 MID SmartQ5 国内発売決定(Covia Networks)

Covia SmartQ5 (Android 日本語版)
B002N136SM


以前から気になっていたUbuntu Linux搭載のMP4プレーヤ「SmartQ 5 MID」が国内販売されるようです。

日経Linuxの9月号でも特集されていたりして、一部で人気のある「SmartQ 5 MID」。OSにUbuntuが採用されているのですが、実はAndroidやWindows CE 6.0を動かすことも可能だったりします。

これまでは海外通販サイトやヤフオクで購入するしかなかったのですが、このたびCovia NetworksがWIFI、Bluetoothの技術適合マークを取得し、OSにはAndroidをプリインストールして国内販売するそうです。
ちなみに現在販売されているハードウェア仕様は以下のとおり

・MPU:ARM11ベース(667MHz)
・DRAM:128Mバイト
・フラッシュメモリ:1Gバイト
・液晶:4.3インチ(800x480)
・ポインティングデバイス:タッチパネル
・Bluetooth:2.0+EDR
・無線LAN:IEEE802.11b/g
・スロット:SDカード(SDHC対応)
・USB:USB2.0 HighSpeed OTGポート(USBホスト対応)
・バッテリ:2000mhA
・ACアダプタ:5V(2A)
・外形:幅120mm 高さ74mm 奥行14mm
・重量:160g

非常にコンパクトなMIDです。

今回、国内販売される「SmartQ 5 MID」にはAndroidがプリインストールされるということでどの程度のサポートが受けられるのか不明ですが、非常に気になるニュースです。

あと気になるのが価格ですね。いくらになるんでしょうか。

現在、海外通販サイトのDealExtreamでは151.51ドル(SmartDevices SmartQ 5 4.3" 800 x 480 Touchscreen Linux MID(667MHz ARM CPU/WiFi/Bluetooth/1G Flash))、ヤフオク相場では20,000円前後という価格帯なのですが、Covia Networksさんからは是非とも30,000円程度で販売してくれませんかね。(私の希望です)

とりあえず30,000円程度であれば購入してみようかなと思っていますが、40,000円するのであれば見送ると思います。


国内販売までの流れは

2009年9月01日:予約開始
2009年9月30日:出荷開始

といった予定だそうです。



私はブックリーダー用途として「SmartQ 5 MID」より、7インチ液晶の「SmartQ 7 MID」のほうが気になっていたりします。(DealExtreamでは216.01ドル(送料無料)

重量は479gとなってしまいますが20,000円程度で、ブックリーダーとして活用できれば結構お買い得なような気がしているのですがどうなんでしょうか。


ちなみ先日国内販売が発表された、BRULEの「Viliv X70」も7インチ液晶でブックリーダーとしていいかなと思っているのですが価格が59,800円からとなってしまうのでちょっとお高いかなという感じで購入を躊躇しています。(BRULEの「Viliv X70」は2009年8月19日13時から購入受付開始)

Covia SmartQ5 (Android 日本語版)
B002N136SM

コメント
この記事へのコメント
SmartQ 5 MIDの国内販売の値段
Covia NetworksでのSmartQ 5 MID値段はCovia NetworksでのSmartQ 5 MIDの値段は19,800円で30,000円よりは安く成っています.
既に,第1ロット分も第2ロット分も完売で第3ロット分が予約受付中の状態です.
おいらの希望としては,17,800円前後で販売して欲しいのですが...
2009/10/05(Mon) 23:57 | URL  | Pipin #wKvyy6tU[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
日経Linux9月号で紹介されているとブログで書いたSmartQですが 日本国内で発売されるそうです。
2009/08/19(Wed) 23:53:55 |  電脳羊(Android Dream)