FC2ブログ

IS03発表会で話にあがった「禁断のアプリ」はSkype(スカイプ)らしいですね

日本経済新聞によるとKDDIとスカイプが提携したそうです。(KDDI、スカイプと提携 スマートフォンで割安通話


KDDI(au)はインターネット電話ソフト大手のスカイプ・テクノロジーズ(ルクセンブルク)と提携する。11月からスマートフォン(高機能携帯電話)で、通話料が基本的に無料のソフト「スカイプ」を利用できるようにする。


で、こちら(KDDI、Skypeと提携。「禁断のアプリ」はSkype。IS03などのスマートフォンで利用可能へ)では


両社の提携により、KDDIの携帯電話回線網を利用してSkype通話ができるようになり、au携帯電話端末同士に関しては、通常の電話並みの高品質で行えるようになるという。Skypeユーザー同士の通話になるので、もちろん通話料金は無料。



また、気になるのはauスマートフォン向けにカスタマイズされる専用のSkypeアプリだが、オリジナルアプリとは異なるものになるようだ。まず、通常の携帯電話、もしくは一般の固定電話などからの着信と、Skype経由での着信が判別できるように、auスマートフォン向けにカスタマイズされた状態で端末に組み込まれる模様。後から入れる通常の一般アプリの場合は、基本システムにまで踏み込むことができないが、今回のSkypeに関しては、基幹サービスの一つに数えてもいいような連携になる。おそらく電話帳からの発信、着信履歴からの発信なども、通常の電話とSkypeを簡単に選択・切り替えできるようになることが予想される。


ということなのでIS03を含むauのAndroidスマートフォンにインストールされるSkypeが、かなり携帯電話の通話部分まで組み込まれることが予想されるとのこと。

そして、こちら(KDDI田中専務の言う”禁断のアプリ”とはSkype(スカイプ)だった)では


そんなSkupeを、KDDIはSkype社と提携し11月以降に発売するIS03のほかのスマートフォンラインアップに配信する予定とのこと。Wi-Fi、3Gでも利用可能らしい。


ということなので、3G回線以外にもWi-Fi環境でも使用可能なんだとか。

SkypeがIS03等のスマートフォンの携帯電話部分に組み込まれても3G環境のみ使用可能なのであればパケット代金が発生してしまうので、主にデータ通信はWi-Fiで運用する予定でいる自分的にはあまりうれしくは無いニュースだったんですが、SkypeがWi-Fi環境でも使用可能ということになれば、かなりうれしいニュースになります。

詳細については2010年10月18日のKDDIの新機種発表会で明らかになると思いますので楽しみにしてみたいと思います。
コメント
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック